086-255-0880

鍼灸院Q&A

鍼灸ってなんですか?

鍼灸は、一般に「はり・きゅう」または「しんきゅう」と呼ばれています。鍼灸は金属の細い針を経穴(ツボ)に刺入し、あるいは艾(もぐさ)を燃焼させて経穴(ツボ)に刺激を加え、鎮痛・調整効果により病気を治そうとする施術です。
中国に起源を持つ我が国の伝統的医療であります。鍼灸医学は、日本には6世紀の初め飛鳥時代に仏教の伝来についで渡来したと云われています。

 

鍼は痛くないですか?

鍼は痛くないです。
鍼はその太さ・長さいろいろ種類がありますが、一般的に髪の毛程度の太さですので、刺される時ほとんど痛みを感じることはありません。
また、当院で使用する鍼は全て滅菌済の新品の鍼です。一回限りで使い捨てですから、鍼治療によるB型肝炎・C型肝炎・エイズ等の感染の心配はありません。

 

どんな症状に効果がありますか?

まず頚腕症候群、五十肩、腰痛症、リウマチ、坐骨神経痛、腱鞘炎などの運動器系疾患です。次に頭痛、術後疼痛、ヘルペス後神経痛、三叉神経痛などの疼痛疾患です。

なおWHO(世界保健機関)で、臨床経験に基づいた鍼の適応となる疾患には、次のものがあります。

運動器系疾患 腰痛、頚腕症候群、肩関節周囲炎、五十肩、テニス肘、各関節炎、慢性関節リウマチ、頚椎捻挫後遺症、疼痛
神経系疾患 脳卒中後遺症、偏頭痛、頭痛、顔面神経麻痺、各種神経痛、末梢神経疾患
消化器系疾患 胃炎、腸炎、胃下垂、胃酸過多、食道噴門痙攣、横隔膜痙攣、十二指腸潰瘍、便秘、下痢、麻痺性イレウス
耳鼻科系疾患 メニェール氏病 鼻炎、副鼻腔炎、扁頭炎
その他の疾患 感冒、気管支炎、気管支喘息、夜尿症、小児喘息、急性結膜炎、中心性網膜炎、近視、白内障

さらに近年NIH(アメリカ国立衛生研究所)が疼痛緩和に対して鍼治療が効果的であると発表しました。

 

健康保険が使えますか?

健康保険は適応されます。
ただし、(1) 神経痛 (2) リウマチ (3) 頚腕症候群 (4) 五十肩 (5) 腰痛症 (6) 頚椎捻挫後遺症 といった慢性の疾患に対してのみで、医師の同意書が必要です。同意書など必要な書類は当院で用意しております。
なお交通事故などによる自動車保険は同意書がなくても適応になります。いずれの場合も一度問い合わせてみて下さい。

 

鍼灸師の資格はどんな資格ですか?

鍼灸院で従事する者は、厚生大臣の指定した養成学校において、3年以上の医学知識や実技を修得した者だけが受験できる国家試験に合格した「はり師」・「きゅう師」という国家資格取得者です。